ロカボニスタは安全?全成分の効果と副作用危険度を徹底解析!

 

この記事ではロカボニスタの副作用について解説します。

 

ロカボニスタは本当に効果の高いダイエットサプリなのでしょうか?

 

また、ロカボニスタを飲んでも身体に害はないのでしょうか?

 

ここではロカボニスタに含まれる成分の効果とその危険性についてまとめてみました。

 

ロカボニスタの安全性が気になる人は、この記事の内容をしっかり確認してみてくださいね!

 

成分名 効果 副作用危険度
麦芽糖 腸の活動を活発にさせる働きがあります。甘さが低く血糖値の急激な上昇を緩めます。
茶花エキス サポニンという成分が含まれており、糖や脂肪の吸収を抑制する働きなどがあります。
バナバ葉エキス ミネラルが豊富に含まれており、インスリンのような血糖値を下げる働きがあります。
甘藷若葉末 肝臓への脂肪蓄積を抑制する働きや、血糖値の上昇を抑える効果などがあります。
スピルリナ末 アルカリ性の成分で、膵液の消化酵素を活発にして脂肪の消化を促す働きがあります。
チオクト酸(α-リポ酸) エネルギーを作るのを助ける補酵素として働いている、光学活性のある有機化合物です。
ギムネマシルベスタエキス 古くから糖尿病の治療に用いられています。食後の血糖値上昇をブロックする働きがあります。
グリーンコーヒー豆エキス クロロゲン酸が含まれいる焙煎されていない生のコーヒー豆で、脂肪燃焼効果があります。
還元麦芽糖 熱や酸に強くて、砂糖に比べて食後の急激な血中濃度の上昇が起きにくい成分です。
白インゲン豆エキス 炭水化物を分解する酵素の働きを阻害する作用があるため、ダイエット効果が期待できます。
緑茶エキス/増粘多糖類 カテキンやポリフェノールを豊富に含み、肌引き締め効果や抗酸化作用があります。
ヒドロキシプロピルセルロース 医薬品錠剤の結合剤やコーティング剤、潤滑剤として使用されている成分です。
ビタミンB1 脳神経系の正常な働きに関係していたり、筋肉の機能を正常に保つ効果があります。
ショ糖脂肪酸エステル 食品添加物の一つです。乳化剤や可溶化、分散、起泡、消泡、湿潤効果などがあります。
二酸化ケイ素 老化を防ぐ効果や免疫力増加が期待できる成分です。美のミネラルとも言われています。

 

 

副作用危険度:当サイトの基準で判定

 

ロカボニスタに含まれている成分の効果と、その副作用危険度を一覧でまとめました。

 

ロカボニスタには体に害を及ぼすような成分は使われていないので、安心して摂取することが出来るでしょう。

 

安全性へのこだわりなどは公式サイトには記載がありませんでしたが、危険性の高いサプリがPremium Quality Awardで銀賞を受賞することも無いでしょう!

 

安全性の高いダイエットサプリを探している人は、ぜひロカボニスタを試してみてくださいね!

 

>>ロカボニスタの効果と私の口コミ